Business guide

・農業用機械部品(加工品全体の約6割)

・船舶用エンジン部品

・各種産業用機械部品

・自動車用架装部品

当社では農業用機械部品をメーンとし、工作機械のマシニングセンタ (縦型、五軸) で単品加工から量産品(ロット20~200程度)を加工しております。

最新鋭の同時五軸加工機をはじめとし、ほぼ全ての機械に付加軸 (XYZ+ 第 4 軸) 搭載で、多面加工や、角度のあるワーク、各種ギヤケース等の加工を得意としております。

一般的に鋳造品の加工は横型の機械で加工する事が多いのですが、当社では治具を改良し縦型の機械での加工を可能としております。

裏表面の同時加工、比較的小ロットの部品も短時間で段取りを終えて加工に入ります。

アルミ鋳物やFCD等の各種ギヤケース等の複雑な形状を機械に取り付ける際に使用する治具も社内で設計製作しておりますので、試作品の短納期もお任せください。

治具の内製化によって外注費はかかりませんし、問題発生時にはすぐに社内で治具を改良する事で、より安定した高精度な加工が可能です。

また、鋳物(FC/FCD)の加工も数多く加工しております。

近年、切削油の品質向上によって多種多様な素材に対応した万能な切削油もございますが、

弊社では長年による幾度のテストを繰り返し、蓄積されたデータから加工する材質により秀でた種類の切削油を

機械の切削油タンクのスラッジを徹底的に清掃後に切削油を全交換後に加工する事で高品質で安定した加工を実現しております。

保有設備での加工最大サイズは1300×600×500(900kg)程度ですが、外周面に加工がある場合がほとんどですので、通常500×500×300(~50kg)

程度のサイズがメーンとなります。

​精密プレート(6F)からの切削加工もやっております。

これらはAL/S50C/SUS/SKD 等、大きさは 300 × 300 × 200程度 がメーンとなりますが、その他の難削材や300mmを越えるワークでも対応致します。

当社では基本的にマシン内に入るサイズで、マシニングで加工出来る形状では、材質・加工形状・寸法精度を理由でお断りすることはございません。

加工終了品は、通年温度管理 (夏季22℃±2℃/冬季20℃±2℃) された測定室にて三次元測定機、画像測定等や様々な測定具で検査し出荷致します。

三次元測定機で測った検査データを基に加工現場へ常にフィードバックしておりますので、寸法公差の非常に厳しいワークも公差内で加工する事が可能ですのでお任せ下さい。

加工精度は通常、穴径0.005㎜/穴ピッチ0.005㎜/幅0.005㎜/直角度0.010㎜/平行度0.010㎜程度では加工が可能となります。

幾何公差の厳しいものも大丈夫です。

※サイズや形状、材質によっては上記の精度で加工する事が難しいワークもございます。